国軍との全面対決に戻るスー・チー 立ち塞がるアウン・フライン国軍総司令官

国軍との全面対決に戻るスー・チー 立ち塞がるアウン・フライン国軍総司令官

政治の表舞台への復帰が見えた頃から
軍政との関係を軟化させたのは当の本人

 1962年にネ・ウィン将軍が軍事クーデターを起こして以来50年続いた軍事政権。2011年3月にようやく民政移管、そして今年3月末からNLD(国民民主連盟)政権が2期目に入る予定だったが、2月1日、再び軍事クーデターが発生した。民政移管からまだ10年しか経っていないミャンマーは再び軍政に戻ってしまった。

 クーデターで拘束されたNLD党首のアウン・サン・スー・チー(以下スー・チー)は、「軍事クーデターへの全面対決」を国民に呼び掛けた。このメッセージは、拘束される前に用意したとされ、NLDを通じてフェイスブックで流された。スー・チーは同メッセージで、国軍は「コロナ流行も止まっていない時期にクーデターでミャンマーを軍事独裁国家に戻そうとしている」と批判した。

 かつて15年間の自宅軟禁下、スー・チーは父親で建国の父とされるアウンサン将軍の威光に守られながら、言いたい放題の軍政批判を続け、支持者を増やした。しかし政治の表舞台への復帰が見えた頃から、軍政との対決姿勢を軟化、とりわけ2011年8月、元軍人で民政化を実現させたテイン・セイン大統領(当時)との会談を機に、関係を改善させた。

この続きをみるには

この続き: 2,103文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

国軍との全面対決に戻るスー・チー 立ち塞がるアウン・フライン国軍総司令官

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/