沖縄が求める日米安保の「パラダイム転換」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

沖縄が求める日米安保の「パラダイム転換」

総裁選論戦の不毛

 100代目首相が岸田文雄氏に決まった。事実上の首相を選ぶ自民党総裁選は久々に地方党員が投票するフルスペックの選挙となり、メディアはそれなりに盛り上がった。4人の候補者は口々に「パラダイムの転換」「思い切った改革」を訴えたが、いざ具体策となると、従来通りコロナ対策、経済政策、外交・安保、社会保障、憲法を並列的に語るだけ。テレビやネットの討論番組でもほぼ同様だった。

 蔓延防止か経済かで議論になったコロナ禍が端的に示すように、現代の課題はそれぞれのテーマが地下茎で深く繋がっている。「パラダイムの転換」とは、これまでのように個別テーマを検討するのではなく、政策の壁を取り払って、社会全体の在り方を俯瞰的に考えるということなのだろう。

この続きをみるには

この続き: 2,410文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

または、記事単体で購入する

沖縄が求める日米安保の「パラダイム転換」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/