世界経済見通しで格差が如実 ワクチン戦略が経済回復を決める
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

世界経済見通しで格差が如実 ワクチン戦略が経済回復を決める

IMF予想は世界経済成長6.0%へ上方修正

 世界経済は、新型コロナウイルス感染問題に手間取ってはいるが、回復の足取りをみせている。IMFの集計では20年の世界経済は▲3.3%と金融危機時の09年の▲0.5%を大きく下回る落ち込みだった。現統計で遡及可能な80年以降では最悪だった。それでも昨年10月時点では▲4.4%と見込んでいたのに比べて落ち込みは縮小した。理由は新型コロナの流行に対して主要各国が、異例の政策対応を実行した効果が下半期に入って効いてきたからだ。早期にコロナ抑制に成功した中国が下半期には回復に転じ、年間でも2.3%のプラス成長を確保したことが象徴的だ。

 さらに今年に入ってからは米国の1.9兆ドルに上る大型財政パッケージが追加され、コロナ禍脱出の切り札ワクチン接種も先進国から新興国に拡大する動きが始まっている。IMFは変異株の広がりなど環境の不確実性は残るとはしながらも、出口が明確に視界に入ってきたと見ており、4月6日、21年、22年の世界経済見通しを上方修正した。

この続きをみるには

この続き: 2,214文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

世界経済見通しで格差が如実 ワクチン戦略が経済回復を決める

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/