そもそも理系の女子学生が少ないのは何故か… ジェンダー・ギャップの生みの親は家庭にあり

そもそも理系の女子学生が少ないのは何故か… ジェンダー・ギャップの生みの親は家庭にあり

先進国の中で際立つ低い女性の理系進学率

 「一人っ子」を強いてきた中国が、ここに来て、三人の子を認めるという政策転換を行った。中国経済は改革開放後の海外からの技術・資本導入と、内陸からの労働力の供給とが相まって、世界第2位の規模にまで駆け上がった。周知のとおり、一国の経済を支えるのは、資本、技術革新とともに、労働力である。体制維持にとって必須の「持続的成長」に労働力不足がネックになることを怖れているのであろう。

 しかるに、この問題では「課題先進国」の日本はどうか。労働力減少という制約条件のなかで、いかにして「付加価値」を上げていくのか、それは、国にとっても、企業にとっても、そして個人=家庭にとっても重要なことである。

この続きをみるには

この続き: 2,200文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

または、記事単体で購入する

そもそも理系の女子学生が少ないのは何故か… ジェンダー・ギャップの生みの親は家庭にあり

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/