岸田首相には分からない中学生でも知る道理 ディスラプティブ・イノベーションのすすめ

岸田首相には分からない中学生でも知る道理 ディスラプティブ・イノベーションのすすめ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

日本経済の衰退

 この25年間、日本はデフレが続き、GDPは伸びず、国民一人当たりのGDPも韓国に抜かれた。賃金の伸びもG7の中で日本は一番低く、実質賃金は下落し続け、「貧乏国ニッポン」になってしまった。

 とりわけ、安倍・菅政権の9年間の「経済成長政策」は失敗だった。やったことと言えば、日銀の「異次元の金融緩和」だけ。しかし、溢れた日本のカネは、国民の経済活動の中には流れず、株価を上げただけで、持てる者と持たざる者の格差を広げた。殆どのカネは「外国の国債」に流れていった。そして究極的に中国に流れている。この間、政治家のモラルは退廃、産業界にも蔓延しだしている。

 2021年10月4日にスタートした岸田内閣は、総裁選の際に掲げた「所得倍増」など大きな公約は消し去り、今、議論されているのは様々な「給付金」ばかり。本当に流すべきところに流れるのか。いかにも杜撰だ。

 21年11月19日には、追加予算55.7兆円を発表。事業規模を入れると78.9兆円になる。「自国通貨を発行できる政府は、インフレにならない限り、大量の国債発行をある程度許容する」という「MMT理論(現代貨幣理論)」にすっかり宗旨替えしたように、今まで「緊縮財政」と言い張ってきた政治家や官僚まで突然「大型の財政投資」を声高に叫ぶようになり、国債残高は1000兆円を突破する見通しになった。

この続きをみるには

この続き: 5,059文字

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

ありがとうございます!!また見に来てください♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/