【官界】いっそのこと、電通省を創ったらどうか? 「電通依存」が招くエリートたちの自己崩壊

【官界】いっそのこと、電通省を創ったらどうか? 「電通依存」が招くエリートたちの自己崩壊

プレゼンにたいした疑問も持たずに数百万円

 総務省や農林水産省の高額接待問題など、官僚のスキャンダルが相次いでいる。だが、実はこちらの方が深刻なのでは、と思える問題がある。それは「電通依存」だ。

 象徴的なのが、東京電力福島第1原発の処理水の安全性をPRするために復興庁が作成したチラシである。政府が処理水を海洋放出する方針を決めた4月13日、処理水に含まれる放射性物質トリチウムを「ゆるキャラ」のように描いたチラシを復興庁がウェブサイトで公開したところ、批判が相次ぎ、公開停止に追い込まれた。

この続きをみるには

この続き: 1,147文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

【官界】いっそのこと、電通省を創ったらどうか? 「電通依存」が招くエリートたちの自己崩壊

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/