「ものづくり技術の躓き」、過ぎたるは猶及ばざるが如し どこで切り替え、古い理論を越えていくか
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

「ものづくり技術の躓き」、過ぎたるは猶及ばざるが如し どこで切り替え、古い理論を越えていくか

半導体不足、最大の受託製造会社TSMCの今

 日本のルネサスの工場と台湾の幾つかの工場火災をきっかけに約2年、世界的に半導体の不足が続いている。新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界的なサプライチェーンの乱れも重なり、世界の生産が影響を受けている。とりわけ自動車業界は打撃を受けている。ホンダは9月17日に、8月から9月の自動車の生産台数が当初計画の6割減になると発表。日産自動車も8月に米テネシー州の工場を2週間停止した。スズキも静岡県内の4工場の稼働を9月に計10日間止めた。トヨタ自動車も10月に国内全14工場を一時停止する。

 かつて日本もアメリカも半導体製造能力を十分持っていたが、設計開発と製造が分かれ、受託製造する専門会社が生まれた。その代表格が台湾TSMCで、世界の半導体生産の6割弱を握っている。

 TSMCは儲かるチップを製造する。最先端微細化ノードの半導体製造ラインは大量生産向きであり、アップルなどの「スマートフォン」にはマッチする。一方、自動車用は品質要求が高く、歩留まりが悪いので儲からない。しかも多種少量生産である。TSMCが大量生産できるチップに力を入れるのは当然だ。自動車用不足は、こうした構造問題を孕む。

この続きをみるには

この続き: 5,303文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

または、記事単体で購入する

「ものづくり技術の躓き」、過ぎたるは猶及ばざるが如し どこで切り替え、古い理論を越えていくか

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/