なぜ今オスマン帝国のアルメニア人虐殺? 人権重視は分かるが、一体どこまで遡る?

なぜ今オスマン帝国のアルメニア人虐殺? 人権重視は分かるが、一体どこまで遡る?

🔸いまさら言われても、トルコも困る
    歴史検証は大切だが、外交をどう考える?

 バイデン米大統領は4月21日、第一次大戦中の1915年にオスマン帝国末期で起こった死者150万人ともいわれるアルメニア人大量殺害事件を「ジェノサイド=民族大量虐殺」と認定した。バイデン大統領は「これは非難するためのものではなく、二度と繰り返さないようにするためだ」と強調した。

 オスマン帝国の後継国家であるトルコ共和国は強く反発している。トルコは米国の同盟国で北大西洋条約機構(NATO)にも加盟。歴代の米大統領は過去40年にわたって「ジェノサイド」と呼ぶのを避けてきた。トランプ前大統領の在任中は、トルコのエルドアン大統領はその蜜月関係を基に強気な外交を展開した。内戦状態のシリアやリビアにもトルコ軍を派遣して緊張を高めている。

この続きをみるには

この続き: 1,794文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

なぜ今オスマン帝国のアルメニア人虐殺? 人権重視は分かるが、一体どこまで遡る?

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/