元特捜検事の複眼(`21/6)

元特捜検事の複眼(`21/6)

オーガスタのグリーン上で輝く松山英樹に
最年少記録を続ける棋士藤井聡太
目を凝らしても見えぬ父幹男と正史氏の姿
語らず出しゃばらず好感度抜群です

 二人が頂点に立ったのは父親の努力と支援があってこそ。胸を張ってマスコミに登場しても許される筈。なのに「菊づくり菊見るときは影の人」に似て控え目な立ち位置、世間はその名前さえ知らず。型破りの無頼漢で息子以上の存在感を発揮した勝小吉との違い。親子鷹の尊称を得たプロ野球界のチチロー、女子プロゴルフ界の横峯良郎は「所詮は鳶と鷹の領域内、シャシャリ出過ぎ」との辛口評あり。子母沢寛流か吉川英治流かは、父親業のKPIを決定する大事な選択肢ね。

この続きをみるには

この続き: 661文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

元特捜検事の複眼(`21/6)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/