俳句の遊歩道(`21/5)

俳句の遊歩道(`21/5)

青空へすつくとポプラ卒業す
瀧 美千江

 北欧原産のポプラはヤナギ科の高木。高く伸び、樹形が美しいので、街路樹や牧場などに植える。有名な北海道大学など学苑も例外ではない。従って「卆業の少女等がゐる樹のまわり 椎野正郎」とめでたい風景が展開されるわけである。掲句、一筆描きの俳画のように、直立したポプラの大樹を描出しているが、それがそのまま卆業生のイメージに重なる明快さがいい。イメージのスマートさからすれば、男子高校生か大学生のそれであり、孫ともなればめでたさ、いとしさは一層ふかまるというものである。

 別に「好きな樹を叩いて少年卒業す 山内靖子」がある。

この続きをみるには

この続き: 615文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

俳句の遊歩道(`21/5)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/