女性の社会進出と男性の家庭進出は表裏一体 意識変化は起きたが、追いつかない現実

女性の社会進出と男性の家庭進出は表裏一体 意識変化は起きたが、追いつかない現実

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

「イクメン」なんて言葉は嫌い
でも低水準の男性の育休取得率、家庭貢献度

 今は辞書にも載っている「イクメン」が世に登場したのは2010年、新語・流行語大賞のトップテンに選ばれた時だ。タレントで4人の子の父、つるの剛士さんが育児休業を取り受賞者になった。この年の男性の育休取得率はわずか2.1%で、つるのさんは眩しく見えた。

 そんな夫、父親の理想像に見えた「イクメン」という言葉なのだが、朝日新聞が19年10月に行った調査によると、実に回答者の75%の男女が「嫌い」「どちらかといえば嫌い」と答えている。男性からは「家庭に対する義務感」を嫌う声もあったが、「男性だけを特別視している。(男性が)家事も育児もやって当たり前」という声が男女から出た。確かに、この「イクメン」に込められた性差別を世の中のアンテナは、10年余りで敏感に感じ取るようになった。男女の意識変化が人気低落の理由だろう。

この続きをみるには

この続き: 2,357文字

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/