実力では勝負しないのが日本流?! 「引き際の美学」VS「永年勤続表彰」

実力では勝負しないのが日本流?! 「引き際の美学」VS「永年勤続表彰」

🔸惜しまれて辞める人が減った
    誰もが地位にしがみつく

 大相撲7月場所に横綱白鵬は出場できるのだろうか。白鵬は昨年3月場所で優勝した。その後、コロナの影響で開催のなかった5月場所は別として7月場所13日目途中休場、9月場所全休、11月場所全休、今年1月場所全休、3月場所3日目途中休場、5月場所も全休である。

 現役横綱ではあるが、すでに横綱審議会から引退勧告に次いで重いとされる「注意」を受け、7月場所に進退を懸ける。優勝場所以降15日間出場したことはなく、衰えは顕著である。すでに36歳。現役を続行して吉葉山の37歳という最高齢横綱記録に並ぶのを目指しているのだろうか。

 アスリートや経営者などの潔い引退劇を「引き際の美学」として称えるのが日本人である。昔話をすれば、横綱の千代の富士は1991年5月場所で「体力と気力の限界」を理由に土俵を去った。前年の11月場所で優勝しており、突然の引退を多くの人が惜しんだものだ。野球の世界では、現ソフトバンク球団会長の王貞治は1980年に30本塁打を記録しながら現役引退した。理由を「王貞治のバッティングができなくなったから」と語っている。

 多くの人が「まだまだやれるだろう!」と思ううちに惜しまれて辞めるというのが「引き際の美学」である。芸能界では、かつて人気絶頂で引退した山口百恵などの引き際も、そんな印象を与えたものだ。

この続きをみるには

この続き: 4,556文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

実力では勝負しないのが日本流?! 「引き際の美学」VS「永年勤続表彰」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/