民主派の武装攻撃に悩まされる国軍総司令官 孤立するミャンマーの軍政、ASEAN分裂も

民主派の武装攻撃に悩まされる国軍総司令官 孤立するミャンマーの軍政、ASEAN分裂も

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

市民より国軍兵の死者が多い?!
かつてない戦闘、逃げ出す国軍兵

 2月1日のクーデターから9カ月が過ぎたミャンマーでは、民主派勢力と国軍の「内戦」が悪化の一途だ。2020年11月の総選挙で圧勝したアウンサンスーチー率いるNLD(国民民主連盟)の議員が中心となってクーデター直後に結成した連邦議会代表委員会(CRPH)は、4月16日に影の政府として国民統一政府(NUG)を樹立、5月5日には国民防衛隊(PDF)を誕生させた。NUGを代表するドゥワ・ラシ・ラー大統領代行(カチン民族)は、9月7日朝、PDFと少数民族武装勢力に対し、国軍との全面戦争を呼びかけた。少数民族武装勢力には、中国国境近くに支配地を持つワ州連合軍(UWSA)を通じて中国製武器を調達してきたところが多いが、PDFや国軍抵抗勢力の武器は手製の爆弾や地雷、猟銃が中心だった。その後、国軍兵から奪った自動小銃などの武器が増え始めている。

この続きをみるには

この続き: 2,303文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/