俳句の遊歩道(`21/7)

俳句の遊歩道(`21/7)

鐘撞いて僧が傘さす送り梅雨
森 澄雄

 「送り梅雨」は、梅雨が明けるころの大雨や集中豪雨をいう。掲句、参詣中の寺で折からの雨に遭遇した体験を詠んだのであろうが、寺僧を捉えて季語「送り梅雨」をうまく活かしている。つまり、じめじめと続く梅雨の日々、それは庫裡から鐘撞き堂までの往来を傘さす暮らしであるのだが、それもそろそろ終わるのだろう。眼前の降りようでは梅雨も明けそうだし、僧の傘を扱う動作もきりっと清々しく、これはひょっとして、僧がいま梅雨に引導を渡したのではないのか、と作者は自らの機知に頷いているのだ。

 別に「梅雨に倦き机に倦きて部屋歩く 吉屋信子」がある。

この続きをみるには

この続き: 616文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

俳句の遊歩道(`21/7)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/