経済成長については沈黙 危機感なき政治の危うさ

経済成長については沈黙 危機感なき政治の危うさ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

経済成長に沈黙した与野党

 衆院選という絶好の主張の機会に、与野党は経済成長にほぼ言及せずに終わった。このことは、長期低迷する日本経済に対する政治の危機感の薄さと改革意思の弱さを示した。

 各党の主張は「分配」重視で、改革を強調したのは「大胆な規制改革による成長戦略」を公約に掲げた日本維新の会くらい。選挙で維新が第3政党に躍進したのも、改革の主張をアピールしたからだ。

この続きをみるには

この続き: 2,563文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/