さよならゼロ金利、こんにちは「大離職」時代 GEも東芝も解体する「産業コングロマリット」 元祖“仕掛け人”KKRと投資ファンドの本質
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

さよならゼロ金利、こんにちは「大離職」時代 GEも東芝も解体する「産業コングロマリット」 元祖“仕掛け人”KKRと投資ファンドの本質

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

豹変したFRB議長
「3つのP」の落とし穴

 長き「デフレ」の時代がついに終わりを迎え、再びインフレの時代がやって来た。転換宣言を発したのはパウエルFRB(連邦準備制度理事会)議長である。しかし、とっくにインフレ新時代に突入していた。2021年6月の米国の消費者物価指数は前年比4.5%。FRBが管理目標とする2 %の2倍に跳ね上がっていた。「非常に、非常にインフレ・リスクを警戒せねばならない」。IMFは金切り声を上げていた。

 ところが当初、パウエル議長は冷ややかだった。11月中旬まで「今のインフレはあくまで一時現象」と言い張っていたのである。新型コロナで抑制されていた需要が噴き出し、需給バランスが一時的に崩れただけ。港湾の混乱も半導体不足も、生産活動が旧に復すれば、インフレはかき消える──。FRBだけではない。ECB(欧州中央銀行)もBIS(国際決済銀行)も、声を揃えて「3つのP」を持ち出した。曰く「価格決定力(pricing power)が発揮され、生産性(prodeuctivity)、労働参加率(participation)が高まれば、価格─賃金のインフレ・スパイラルは鎮圧できるだろう」(フィナンシャルタイムズ=FT紙11月19日付)。

 ところが、バイデン大統領から2期目の指名を受けた途端、パウエル議長は手のひらを返した。議会証言で「インフレは一時的」という文句をさっさと撤回し、「テーパリング(国債購入の規模縮小)を前倒しせねばならない」と言い切ったのだ。目下のインフレは全力で討伐せねばならない「真性インフレ」と断定したのだ。

この続きをみるには

この続き: 5,053文字

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/