“理想の母さん”メルケル首相が袋叩き ビットコインの下限・上限、VW「EV」の泣き所 “自己チュー”マッキンゼー「僕たちの失敗」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

“理想の母さん”メルケル首相が袋叩き ビットコインの下限・上限、VW「EV」の泣き所 “自己チュー”マッキンゼー「僕たちの失敗」

やらなかったことの数々
都市封鎖に募る苛立ち

 この人が日本の首相であったなら―幾多の日本国民がそう思ったのではないか。ドイツのメルケル首相である。昨年末、両手を打ち振り、感情あらわに訴えた。「心の底から申し訳なく思います。けれど1日590人もの命が失われている。そんな代償は、到底受け入れることができません」。原稿棒読みの極東の某首相との落差は埋めようがない。

 ところが、そのメルケル首相をドイツの有力誌シュピーゲルが2度にわたりボコボコに叩いている(2月8日、2月12日付)。「首相がミスを犯したというのではない。やろうとしなかったことがいかに多いか、だ」と。

 早くから叫ばれていた高齢者の養護施設対策は、議論ばかりで実行が伴わない。医療マスクの供給さえ、いまだに不十分。PCR検査も政府主導で迅速かつ広範に実施すべきなのに、市場に委ねられたまま。新型コロナの警報アプリに至っては、普及どころか、“冗談”のレベルに止まっている。揚げ句、折角、自国民が開発したmRNAワクチンを国内の工場で生産することもできていない――。

 我が菅首相もやれていないことばかりだが、同誌が怒るのは、やるべきことをやらず、対策が都市封鎖の一本槍であること。それで新型コロナを制圧できたのならともかく、ドイツは第2波に見舞われた。メルケル首相は(新型コロナを制圧するための)想像力も情熱も欠いている、と決めつけたのである。

 いや、情熱は失っていない。どころか、物理学者でもあるメルケル首相はほどんどの時間を新型コロナに費やしている。週末も新型コロナの研究論文や統計を熟読し、感染症学者たちに電話し、重症者用ベットの逼迫度合や人口10万人当りの感染症者数は空で言える。だから、国民へのアピールはこんな調子になる。「実効再生産数(1人の陽性者が感染させる人数)が0.7以下に下がらず、0.8〜0.85で推移している。変異株が活性化し、実効再生産数があと0.3ポイント上昇したら、(実効再生産数は)1を超え、感染者が幾何級数的に増える」。学者としての誠実さの表れだが、数字や専門用語の乱発に国民は当惑する。

 学者として新型コロナの怖さを熟知するが故に、メルケル首相は都市封鎖に固執する。学校の再開についても極めて慎重だ。昨秋には「児童は行き来する友だちをそれぞれ1人に限定すべき」と発言している。首相は一体、都市封鎖や学校閉鎖によって人と人のつながりが断たれる苦しさを理解しているのか、という国民の憤懣が募るのである。

この続きをみるには

この続き: 4,468文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

“理想の母さん”メルケル首相が袋叩き ビットコインの下限・上限、VW「EV」の泣き所 “自己チュー”マッキンゼー「僕たちの失敗」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/