【企業】半導体不足で見せつけた「臨機応変力」 日本車メーカーのお株を奪う米テスラ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【企業】半導体不足で見せつけた「臨機応変力」 日本車メーカーのお株を奪う米テスラ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

世界で減産が続く中、テスラのみ1.7倍

 「やれ兵器がない、弾丸がない、食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。足もやられたら口で噛みついて行け」。調達を無視し、「太平洋戦争最大の失敗」となったインパール作戦の最高司令官は、そう言い放ったという。だが、そんな無茶ぶりの部品調達を実際にやってのけて同業者を驚かせ、コロナ禍にもかかわらず成長を続ける自動車メーカーがある。米電気自動車(EV)大手のテスラだ。

この続きをみるには

この続き: 1,157文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/