ノーベル賞受賞者が逃げ出した 日本の封建的風土🗾

ノーベル賞受賞者が逃げ出した 日本の封建的風土🗾

日本ではダメだということ

 「私は協調しながら生きることができません。それが日本に帰らない理由です」。

 今年のノーベル物理学賞を受賞した眞鍋淑郎・米プリンストン大学上席研究員の受賞直後の記者会見の中の言葉です。

 「アメリカでは好きなことを研究できます。アメリカでは周囲がどう感じているか気にはしません。アメリカでの研究者生活はすばらしいものです」。周囲との協調など考えていたら、独創性のある研究活動など出来やしないというわけですね。まあ、ノーベル賞をお取りになるほどのお方なら、日本社会はさぞかし鬱陶しいでしょうな。

この続きをみるには

この続き: 2,352文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

または、記事単体で購入する

ノーベル賞受賞者が逃げ出した 日本の封建的風土🗾

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/