ロシア総選挙、与党の圧勝? 高まる政権末期の停滞安定症状

ロシア総選挙、与党の圧勝? 高まる政権末期の停滞安定症状

与党「統一ロシア」が予想外の大勝
それでもプーチン政権に漂う空虚感

 ロシアの上院選挙は9月19日、3日間の投票を終了し、プーチン政権の与党「統一ロシア」が全議席450のうち、324議席を獲得し、憲法改正に必要な3分の2の議席を超える圧倒的な勝利を収めた。

 ロシア中央選管によると、今回の投票率は51.72%で、前回の2016年選挙と比べると3.84%多かった。各政党別の選挙結果は表の通り。

この続きをみるには

この続き: 2,422文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

または、記事単体で購入する

ロシア総選挙、与党の圧勝? 高まる政権末期の停滞安定症状

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/