コロナ後遺症でインフレ懸念 物価上昇で消費回復は遅れる
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナ後遺症でインフレ懸念 物価上昇で消費回復は遅れる

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

株価調整の理由

 先進国の株式市場が調整局面に入っている。ニューヨークダウ平均株価は、8月16日に3万5625ドルの史上最高値を付けてから、9月29日には3万3843ドルへ5.0%下落した。欧州市場の指標であるユーロストックス50指数の高値は9月6日の4246ポイント、その後の安値は10月4日の3996ポイント、ピーク比5.9%の下落である。直近の10月14日現在では、ニューヨークダウ平均が3万4912ドル、ユーロストックス50指数が4149ポイントである。米、欧ともに下落幅の6割程度を戻した。

 コロナ禍からの景気回復過程で、夏場からデルタ株による感染増で回復の動きが減速したことと、金融当局が物価上昇を背景に金融緩和政策の見直し姿勢を示したことで、消費回復の減速懸念が生じている。

この続きをみるには

この続き: 2,379文字

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/