選手の活躍に甘えてはならない穴だらけの東京五輪 官僚は問題の最前線の状況にどこまで接しているのか

選手の活躍に甘えてはならない穴だらけの東京五輪 官僚は問題の最前線の状況にどこまで接しているのか

アスリートファーストより
ビジネスファースト

 古典のおもしろさは、時空を超えて現代社会の景色を重ね見せてくれるところにある。たとえば清少納言の随筆「枕草子」。その「すさまじきもの」の段はどうだろう。

 時は平安中期。中流貴族らは人事の行方に気が気ではない。定期異動である除目(じもく)で、この家の主人が今年は必ずしかるべき地方長官(国司)にという評判を聞いて、人々があちこちから邸に集まってくる。牛車で来る客も途切れなく、主人が任官祈願の物詣に行くと供にわれもわれもと参る。そして物を食い、酒を飲み、盛り上がってきて大声を上げ、騒ぐ(今でも目に浮かぶようだ)。

 しかし、待てども門をたたく吉報の音がしない。おかしい、と聞き耳を立てるが、除目を夜通し詮議していた公卿たちは、事を終えて役所から帰っている気配。

この続きをみるには

この続き: 2,178文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

選手の活躍に甘えてはならない穴だらけの東京五輪 官僚は問題の最前線の状況にどこまで接しているのか

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/