アンチエイジングのカギを握る 抗酸化機能を科学的に測定する ─バイオラジカル研究所─

アンチエイジングのカギを握る 抗酸化機能を科学的に測定する ─バイオラジカル研究所─

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

病気や老化を支配する活性酸素
それを防ぐ抗酸化物質が注目されている

 今回はナノ・バイオの分野がテーマである。

 健康に関連して「活性酸素」「抗酸化」などの言葉を耳にすることが増えた。活性酸素は非常に強い酸化力がある。体内でエネルギーを生んでいるミトコンドリア機能を低下させ、老化を促進することが研究で明らかにされている。

 例えば活性酸素は動脈硬化を惹き起こす。かつては、動脈硬化の犯人は悪玉コレステロールのように言われてきたものだ。だが、実は活性酸素によって悪玉コレステロールが酸化されてできる酸化変性LDLが動脈硬化を惹き起こすことが分かってきた。

 そこで登場するのが酸化を防ぐ抗酸化物質である。ビタミンC、ビタミンE、カロテノイド、ポリフェノールなどには抗酸化機能があることが判明している。また、野菜を食べると大腸がんが減る。多くのがんは、遺伝子が傷つけられ、遺伝子の突然変異によって起きるが、その犯人の1つが活性酸素だ。しかし、野菜に含まれるポリフェノールは活性酸素の働きを抑えてくれる。

この続きをみるには

この続き: 4,613文字 / 画像8枚

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

ありがとうございます!!また見に来てください♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/