【財界】働けど働けど、そっと懐を覗く 日本の経営者よ「賃金」に大英断を
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【財界】働けど働けど、そっと懐を覗く 日本の経営者よ「賃金」に大英断を

平均年収は世界16位、韓国より下

 コロナ禍で大打撃を受け、大赤字を計上している企業が少なくない中で終了した今年の春闘。労使トップ交渉の初日に飛び出した中西宏明日本経団連の不規則発言で大幅賃上げに応じる企業がどの程度出るかが、1つの注目点となった。世界に胸を張れる決断を日本の経営者、財界は出来たのだろうか。

 「日本の賃金水準がいつの間にか経済協力開発機構(OECD)の中で相当下位になっている」。中西会長は労使交渉開始を告げる1月末の交渉でこんな発言を。組合側が大幅賃上げを勝ち取る絶好のチャンスになった。

 経営側は春闘で賃上げを迫る労組に対し「日本の賃金は世界最高の水準」などと反論し、突っぱねてきた。先の超円高を乗り切るための工場の海外移転でも、これを材料に労組の反対を抑え込み、リストラを断行した。

この続きをみるには

この続き: 1,089文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

【財界】働けど働けど、そっと懐を覗く 日本の経営者よ「賃金」に大英断を

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/