売上は5 位だが営業利益は武田薬品の次 高収益企業に上り詰めた中外製薬の秘密

売上は5 位だが営業利益は武田薬品の次 高収益企業に上り詰めた中外製薬の秘密

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

ロシュグループ内で独立経営

 日本の医薬品メーカーの時価総額のトップは、中外製薬である。時価総額6兆8000億円(2021年11月11日現在)は、日本の上場企業でもトップ20に入り、同業の第一三共、武田薬品工業の5兆円台の時価総額を引き離している。時価総額トップを走っていた武田を中外が初めて抜いたのは18年9月。その後、武田が増資をしてトップに返り咲いたが、20年2月に改めて中外がトップに立った。中外の売上は医薬品メーカーとしては5番目で、最大手の武田の約4分の1に過ぎないが、営業利益や純利益は武田に次ぐ。如何にして中外は高収益企業の地位に上り詰めたのか。

この続きをみるには

この続き: 2,362文字 / 画像3枚

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/