鬼太郎、コナンに続け! 「聖地」作りで観光客を呼び込む鳥取県倉吉市

鬼太郎、コナンに続け! 「聖地」作りで観光客を呼び込む鳥取県倉吉市

🔸売りはアニメではなく
  ストーリー付きの音楽配信サービス🎶

 地域おこしの新しいパターンとして注目されているのが、人気作品の「聖地巡礼」。作者の出身地や物語の舞台あるいはモデルとなった町を「聖地」として訪れる観光客を取り込む戦略だ。そうした地域おこしに成功しているのが、人口わずか55万人の鳥取県だ。「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪をテーマにした「水木しげるロード」で全国的な「聖地巡礼」ブームの先駆けとなった境港市や「名探偵コナン」の北栄町など、国民的人気アニメにあやかった地域おこし先進県として有名だ。その鳥取県に新たな「聖地」が誕生した。県中部に位置する倉吉市だ。

 倉吉市の「聖地」は、先行する境港市や北栄町とは趣を異にする。境港市と北栄町は、いずれも作者の出身地。作品世界と直接の関係はない。一方、倉吉市は作品の舞台となった町のモデルになっている。さらに先行する2自治体が漫画やアニメなのに対し、倉吉市はウェブ連動型音楽配信コンテンツだ。一言でいえば「ストーリー付きの音楽配信サービス」。アニメという物語ではなく、物語性のある音楽を売る新たなジャンルといえる。

 タイトルは「ひなビタ♪」。2012年12月からコナミデジタルエンタテインメントが配信を始めた。物語はこうだ。大型ショッピングセンターの進出で寂れてしまった日向美(ひなたび)商店街を復活させようと、地元出身の5人の少女が音楽バンドを結成し、町おこしに立ち上がる。キャラクターは登場するが、活動はアニメではなく、SNSのFacebookや音楽投稿サービスのYouTubeを通じて紹介される。つまり実在するバンドと同じ体裁をとっているため、ファンはリアリティーを感じる。「ひなビタ♪」は有料の楽曲配信サービスや漫画・小説化により収益をあげている。

この続きをみるには

この続き: 3,563文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

鬼太郎、コナンに続け! 「聖地」作りで観光客を呼び込む鳥取県倉吉市

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/