悲喜こもごも東京五輪の中東の選手たち 根深いパレスチナ問題、荒れる祖国

悲喜こもごも東京五輪の中東の選手たち 根深いパレスチナ問題、荒れる祖国

パレスチナ問題は出場の努力よりも大きい

 17日間に渡る東京オリンピックが8月8日に閉幕した。平和の祭典を謳いながら、柔道男子の試合に出場する予定だったアルジェリアのフェトヒィ・ヌリーン選手が7月22日、イスラエル人選手と対戦する可能性がある組み合わせになったことを受けて、大会を棄権した。同選手は「出場するため懸命に努力してきたが、パレスチナ問題はそれらすべてよりも大きい」と語った。国際柔道連盟は24日、スポーツの政治的中立性の保持の観点から、同選手とコーチに対して帰国を命じた。

この続きをみるには

この続き: 1,877文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

悲喜こもごも東京五輪の中東の選手たち 根深いパレスチナ問題、荒れる祖国

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/