俳句の遊歩道(`21/4)

俳句の遊歩道(`21/4)

囀(さえず)りをはるかに瀬音高まれり
信楽 操

 「囀り」は春の繁殖期に鳴く鳥の声をいう。雄が雌を誘うラブコールと縄張りを主張する場合とがあり、あたかも春の喜びを一斉に合唱するようで人々はなごむ。とはいうものの「囀の真ン中に居て淋しい日 守屋茂々子」と心の在り所が問題となる。その点作者には、聴く耳が備わっていたというべきか。心に聴く用意があって、初めに囀りを喜んでいた耳がいつしか身近かなせせらぎを捉え、その高鳴りを楽しんだという。まるでモーツァルトの小夜曲を聴くふうなのである。誰でも出来る技ではない。

 別に「囀りが好きで天まで行きし母 宮田喜代女」がある。

この続きをみるには

この続き: 626文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

俳句の遊歩道(`21/4)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/