国内産地に事前通知なし 米国産スモモ輸入解禁の暴挙

国内産地に事前通知なし 米国産スモモ輸入解禁の暴挙

本当にこんなことがあるのか!
寝耳に水、スモモ農家の悲鳴

 農林水産省が、米国産スモモ(にほんすもも)の輸入解禁を山梨県など国内産地に事前の説明なくして決定、実施に踏み切った。当然、生産農家などからは、「産地への事前の説明がなかった」「寝耳に水だ。死活問題だ」など悲鳴が上がっている。これを受けて、山梨や長野、山形、和歌山の自治体やJA(農業協同組合)関係者が共同で、政府、与党に対して、十分な情報提供や産地強化策を要請した。

この続きをみるには

この続き: 2,356文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

または、記事単体で購入する

国内産地に事前通知なし 米国産スモモ輸入解禁の暴挙

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/