ロシアはウクライナに侵攻するのか? 長期的な安全保障合意が必要も相手が信頼できない

ロシアはウクライナに侵攻するのか? 長期的な安全保障合意が必要も相手が信頼できない

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

相手はウクライナへの関与を強めるNATO
バイデンが何をするか分からない

 ロシアのプーチン大統領と米国のバイデン大統領は2021年12月7日、オンライン首脳会談を行った。欧米メディアが「ロシアがウクライナに侵攻する」との報道を大々的に流す中での会談だった。プーチン大統領は侵攻計画を全面的に否定。バイデン大統領は、軍事侵攻が実行されるのならば、厳しい経済制裁を行うと警告した。ただし、軍事介入するとは言わなかった。結局、双方は何の合意もしなかった。今後も対話は続けるという。

この続きをみるには

この続き: 2,442文字

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/