第2の失敗は後継者に三木武夫を選んだこと 「対で勝負」も巧みな芸者に敗れた田中角栄(下)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

「一度退くが、もう一回、総理をやる。
このままおめおめとは引き下がらない」

 今も隠れた人気を誇る田中角栄元首相は、50年前の1972年7月に政権の座に到達した。だが、月刊『文藝春秋』74年11月号(10月発売)が掲載した「田中角栄研究」の2本の記事でとどめを刺され、74年11月26日に退陣を表明する。在任は2年5カ月で終わった。 5日後の12月1日、自民党副総裁だった椎名悦三郎が党本部の総裁室で、後継総裁候補の福田赳夫(後に首相)、三木武夫(同)、大平正芳(同)、中曽根康弘(同)の4人を前に、事前に用意したメモを読み上げた。

 「私は新総裁には、この際、政界の長老である三木武夫君が最も適任であると確信し、ここにご推挙申し上げます」

 後継総裁指名の裁定案で、「椎名裁定」と呼ばれた。椎名は「返事を待っている」と言い残して隣の副総裁室に移った。

 田中は政権の末期、退陣を決意する前に一度、解散・総選挙による中央突破作戦を思い描いた。10月28日から11月8日までオーストラリアなど3カ国を歴訪した。帰国直後の解散も考え、出発前、女性秘書の佐藤昭に「選挙の準備を」と指示して出掛けたが、戻った田中は「解散は止めにした。やっぱりおれが辞めないと、収まらないと思う」と佐藤に告げた。

 同時にもう一言、言い添えた。

この続きをみるには

この続き: 5,044文字

ガーガー、うるさいとも思えた立憲民主党の問題追及姿勢でしたが、泉健太新代表が政策立案型を打ち出した途端、存在感が埋没。内部体制連合との関係…

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/