月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
ウクライナ戦争の泥沼化に喜ぶ者は?陰謀論の盾に隠れていた存在が暴かれる
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

ウクライナ戦争の泥沼化に喜ぶ者は?陰謀論の盾に隠れていた存在が暴かれる

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

戦争で一番儲ける悪い奴ら

 ウクライナ戦争は、これまでの戦争とは違って、兵器だけではなく、情報、プロパガンダ、SNSを含むサイバー戦である。そしてロシア軍、ウクライナ軍だけではなく、NATO軍、米国軍という多くが入り混じり、本当の姿はなかなか見えてこない。真実が炙り出されるには時間がかかる。

 しかし、民間人を殺害することはあってはならず、それは「戦争犯罪」である。欧米はこの点で一致し、ロシアへの経済制裁を強めている。だが、日本に原爆投下をし、都市へ焼夷弾で絨毯爆撃をして多くの日本の民間人を殺害し、ベトナムなどでも多くの犠牲者を出したのは、どこの国だったか。

 バイデン米大統領は、CIAの諜報活動で得た情報から、ロシアがウクライナに侵攻する2月24日以前の1月末から、「ロシアはウクライナに侵攻する」と何回も警告した。情報戦の始まりだ。ロシアの諜報部員が、CIAにロシアの情報を流していたことも明るみに出た。バイデンの一連の発言は、結果的にプーチン大統領を煽った。しかし、バイデンは「核兵器を持っている国とは戦争しない」と言明し、「核の抑止力」を放棄してしまった。

この続きをみるには

この続き: 5,189文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それ…

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/