月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
ロジスティックスVSコロナ対策非常時戦略のない日本
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

ロジスティックスVSコロナ対策非常時戦略のない日本

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

ロシア苦戦の理由は…
武器も食料も届かなかったから?

 ロシアによるウクライナ侵攻が始まった当初、両国の軍事力の大きな違い(表1)からウクライナがすぐにも制圧されると予測する人も多かったはずだ。そんな予想に反して苦戦したロシアは、体制を立て直して戦闘は長期化している。いったん攻め込まれた地域でも、一部はウクライナが回復してロシア軍を押し戻している。

 ロシア苦戦の原因はロジスティックスの失敗だとされる。ロジスティックスとは、戦場の後方にあって作戦に必要な物資、特に弾薬や食料、燃料の補給と兵器などの整備、連絡、輸送さらには兵士の補充などのことである。

 日本語では兵站へいたんという。軍事用語だが、民間の生産、商業活動などでも前方の作戦遂行に必要な後方支援任務全般に使われ、製品や資材の流通、輸送、配送、備蓄などを指す。

 ロジスティックスは軍事では重要な概念であり、世界中の軍隊で部隊の行動を維持するために必要不可欠なものと見做されている。特に作戦行動が長期化すればするほど、このロジスティックス力の差がモノをいう。

この続きをみるには

この続き: 4,751文字 / 画像1枚

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それ…

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/