経済回復度が違う、気になる米金融政策 為替相場は年内1ドル120円も💵

経済回復度が違う、気になる米金融政策 為替相場は年内1ドル120円も💵

年初から円がじり安、年内120円も

 円・ドルレートが7月2日の東京市場で111.56円と約1年3カ月ぶりの安値を付けた。今年は年初に102円台でスタートし、4月に一時的に110円台に乗せる場面もあったが、その後は108円~109円台の狭いゾーンでの往来を続けてきた。

 111円の壁は厚いように見えていたが突破、今後の行方に関心が集まっている。しかも半年で8.82円の下落は、近年にない円安の動きである。

 因みに、過去数年の円ドルレートの年間高値・安値の変動幅をみると、17年は変動幅が4.82円で円高、18年は変動幅7.38円で円安、19年は変動幅5.39円で円高、20年は変動幅6.08円で円高だった。円高・円安が繰り返され、変動も小幅の推移が続いてきた。今年は半年で過去4年の年間変動幅を超える動きだ。

この続きをみるには

この続き: 2,236文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

経済回復度が違う、気になる米金融政策 為替相場は年内1ドル120円も💵

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/