マガジンのカバー画像

2021年8月号『ニューリーダー』

41
コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート」が斬ります。都構想挑戦は幕を下ろしまし… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

2021年8月号『ニューリーダー』

🔻目次 ・追跡レポート コロナが燻りだす日本の政治  苛烈な弱い者いじめ、国民は安心しては…

コロナが燻りだす日本の政治 苛烈な弱い者いじめ、国民は安心してはいられない 政治も…

コロナ失政を認めたくはない 狂った「有観客」の青写真  菅義偉首相が「新型コロナウイルスに…

200

10年10カ月で都構想挑戦劇は幕 地域発の分権型発展シナリオは日本を変えるか 「大阪モ…

都構想再挑戦まで辞められなくなった松井 菅の一言で辞意撤回して続投を決意  大阪都構想をめ…

200

松井一郎・日本維新の会代表(大阪市長) 聞いてほしい僕らの「日本大改革プラン」 野党…

掲げた公約は全部やりました 任期満了の23年4月で退任、政界引退  塩田 昨年、大阪市長とし…

200

経済回復度が違う、気になる米金融政策 為替相場は年内1ドル120円も💵

年初から円がじり安、年内120円も  円・ドルレートが7月2日の東京市場で111.56円と約1年3カ月…

200

【政治】およよ、責任は政府にあるの、ゴホッ まさに「小池劇場」の再来だった都議選

役者としては一流、何をしたのかは不明 衆院選の前哨戦と位置付けられた東京都議選(定数127…

200

【官界】悪手連発のコロナ対応、そりゃ誰でも怒るが 法令違反をどの省庁も言わなかった?

政治家の驕り、優越的地位は我にあり? 何ともお粗末なドタバタ劇。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために政府が打ち出した飲食店対策が、相次いで撤回に追い込まれた。今秋に迫った総選挙で頭がいっぱいの菅義偉政権だが、焦りのあまりに正常な判断能力を失っている。好例が、7月7日のコロナ対策関係閣僚会合で決めた一連の対策だ。

有料
200

【企業】「孝行息子」のおかげで ビジネスチャンスが広がるTDK

もとは同じ会社の中国CATLと合弁 TDKの香港子会社でスマートフォン用などの小型リチウムイオ…

200

【産業】半導体不足だから国産化すべき? 大量生産など無理、日本の狙い筋

まさかよれよれのルネサスに頼るのか ワクチンの普及で新型コロナウイルス感染症の脅威から脱…

200

【財界】中西宏明前会長がご逝去 財界の今日的意義とは国民のために

経済界の利益だけから国民へと拡げる つい先日まで財界の総本山日本経団連のトップに座り、テ…

200

業績もいいのに株価はなぜ眠る 黒字継続、積極的な中期計画も株価は寝たきり 社員の…

均衡の取れたビジネスモデルで 赤字は終戦直後の2年間だけ、黒字を続ける 戦後になって勃興し…

200

ナノテク空気清浄機を開発したのは 小さなクリーンシステム機器メーカー ─コーホー・…

売上げ急増中の空気清浄機 性能のカギはナノテク素材 コロナ禍は経済活動に打撃を与える反面…

200

ドル覇権対抗か、国民監視強化か 中国デジタル人民元の最大の狙い

ビットコイン牽制が開発の発端 人民元の国際決済インフラも整備 各国の中央銀行の間で中央銀…

200

電子部品トップに 独自製品の開発を支える一貫生産体制 営業利益率で圧倒する村田製作所

電子部品メーカーのトップに立つ 積層セラミックコンデンサの世界トップメーカー、村田製作所がじわじわと収益を伸ばしている。リーマンショック後の売上げ減少を経て、回復基調に入った2011年(3月期)から21年の10年間に、村田の売上高は2.6倍に膨らんだ。電子部品大手の日本電産(精密モーターなど)、京セラ(セラミック関連など)、TDK(磁気ヘッドなど)に比べると、11年時点では村田の売上は最も小さかったが、21年には僅差ながら初めて4社のトップに立った。営業利益も大きく増え、営業

有料
200

思いつき、場当たり政策は当たり前 突貫工事「みどりの食料システム戦略」の波紋

現状も、現場もあまりに知らない できないことを平然と言ってのける 思い付き、場当たり政策…

200