100週間ぶりに全土で国際的往来の再開「閉じられた国境」のイメージ払拭へ

100週間ぶりに全土で国際的往来の再開「閉じられた国境」のイメージ払拭へ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

日本とは違い昨年8月には「出口戦略」を明示
それでも大きかったコロナによる経済損失


 パンデミックが始まってすぐ、2020年3月に急遽国境を閉ざしたオーストラリア。以来約100週間に渡り、厳格な出入国管理を貫いてきたが、再び門戸を広く開放する日がやってきた。薬品・医薬品行政局(TGA)承認のワクチン接種を完了していれば、世界中どの国からでも、ビザの種類を問わず、強制隔離なしの入国が、2月21日からようやく可能になったのだ。入国に当たっては、デジタル渡航者申告に加え、ワクチン接種証明と陰性証明の提示が必要。到着後は、各州・準州の規定(到着後の迅速抗原検査結果判明まで自己隔離等)に従わなくてはならない。

この続きをみるには

この続き: 2,279文字

ロシアのたった1人の暴君によってウクライナだけではなく、世界経済も沈んでいきます。早い解決を望んでいます。4月号はプーチン戦争の影響を詰め…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/