マガジンのカバー画像

2022年4月号『ニューリーダー』

41
ロシアのたった1人の暴君によってウクライナだけではなく、世界経済も沈んでいきます。早い解決を望んでいます。4月号はプーチン戦争の影響を詰め込みました。それにしも、ウクライナは他人… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

2022年4月号【目次】

📺ニューススクランブル 【世界総覧】世界はどう動いているのか🌏 📖全記事をお得に読みたい…

【だから日本は舐められる】27回の安倍・プーチン首脳会談は何だった?プーチンの戦争…

制裁を検討している相手に経済協力? 外相経験4年、姿が見えてこない岸田外交 ロシアによるウ…

200

【コングロマリットは是か非か】平成後期から令和に亘る長い企業構造改革ポスト・ガス…

「三菱重工の使命は国家なり」 今は「機械のデパート」とも称される ロシアによるウクライナ…

200

景気回復遅れに物価高が追い打ちプーチン戦争の悪影響も今後拡大する

先進国どん尻、景気回復の遅れ目立つ日本 新型コロナウイルスの変異種オミクロン型の爆発的な…

200

【政治】採算度外視、なりふり構わず与党に一気に擦り寄る国民民主党

「与党に入れて欲しいと言ったらいい」 旧民主党の流れをくむ国民民主党が一気に自民・公明両…

200

【官界】岸田政権の「新しい資本主義」を誰が担う霞が関もかつてないほど注視する日銀…

浮上する雨宮正佳副総裁と、中曽宏前副総裁 日銀の黒田東彦総裁が来年4月、任期満了を迎える…

200

【企業】世界遺産推薦で注目の佐渡汽船株まさかの上場廃止、株主から悲鳴

少数株主から株式を強制的に取得 「どさくさ」の語源は江戸時代に佐渡金山へ送り込む人夫を確保するための「博徒狩り」だったとする俗説がある。佐渡の音を反転させた隠語である「どさ」から、「佐渡送りにする違法博徒を捕縛する様子」を意味するという。そんな「どさくさ」紛れの騒動が、現代の株式市場で発生した。

有料
200

【業界】代表理事が引責辞任M&A仲介協会「波乱の船出」

仇になった「コミットメント」制度 M&A仲介の業界団体「M&A仲介協会」が今年4月からの本格活…

200

【財界】財界はロシアとどう付き合うのか 春闘で対峙する連合が大接近?

日本商工会議所の新会頭内定 何かと評判の芳しくなかった“地方経済と中小企業の砦”日本商工…

200

【最終回】デジタル敗戦、瀬戸際のテクノロジー敗戦投資がなければ、GDPも伸びないの…

分かっちゃいるけど10年変わらず フロントランナーに止まるかは今後数年 新型コロナの感染者…

200

【電気化学の枠を超えて】規模を追うよりも利益重視営業利益率大台に乗るデンカ

注力分野に経営資源を積極的に投入 中堅の化学品メーカー、電気化学工業が商号を変更してデン…

200

ウクライナ戦争とロシア経済崩壊欧州金融システム不安にも波及

西側にもスタグフレーション懸念 エネルギー途絶なら欧州景気後退 2月24日のロシアによるウク…

200

スーパーで出店活発化するダークストアコンビニ「ローソン」が挑むゴーストレストラン

スーパーが先行、ハイブリッド店舗も 立地が悪くてもオーケー、不採算店再生も 流通業界では…

200

ウクライナ戦争が日本にも深刻な打撃海外依存「無防備な食の安全保障」の結末

小麦輸出はロシアとウクライナで世界の3割 穀物輸出拡大を国家的戦略としたプーチン 2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻の長期化・拡大化が、原油・天然ガスなどエネルギーと共に世界の食料市場にも深刻な影響を及ぼしている。ロシアとウクライナは、共に小麦やトウモロコシなど穀物の生産・輸出で、世界の主要国。それだけに、戦闘激化によって黒海沿岸の要衝オデッサなど輸出諸施設の機能が低下すれば、供給減少、価格高騰が続く穀物市場への影響は計り知れない。

有料
200

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ㉖神奈川最大規模の展示会が映す「変わる企業」…

閑古鳥が鳴いた工業技術見本市に不満噴出 それでも盛況なブースもあった 2月2日からの3日間、…

200