📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑳ 川崎モデルと同じような部隊を作りたい 綾瀬市の熱き想いが僕を動かした、だがその前に

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑳ 川崎モデルと同じような部隊を作りたい 綾瀬市の熱き想いが僕を動かした、だがその前に

なかなか購読に結びつかないのは何故か

 全国有数の工業都市・神奈川県川崎市。ここの産業支援政策は、関係者から「川崎モデル」と称され、全国でも知られている。市役所の企業支援担当や支援財団、金融機関の職員などがタッグを組んで「出張キャラバン隊」を形成、地元企業を1社1社回り、経営者の話をじっくりと聞きながら、課題解決につなげる支援策を案内する取り組みだ。また、大企業が保有していても、実用化するには市場規模が小さいために使われていない特許(遊休特許)などを中小企業に提案し、自社製品開発を促している。

 前回、かながわ経済新聞の普及に向け、自治体や産業支援機関との連携を模索した様子を書いたが、実際はどこもガードが堅く、また、この新聞が知名度のない未知の媒体だったこともあり、ことごとく門前払いされた有り様も告白した。

この続きをみるには

この続き: 2,098文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ⑳ 川崎モデルと同じような部隊を作りたい 綾瀬市の熱き想いが僕を動かした、だがその前に

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/