俳句の遊歩道(`21/10)

俳句の遊歩道(`21/10)

この秋はパラリンピックに励まされ 平岩登代子

 俳人鳴戸奈菜に「天高しさびしき人は手を挙げよ」がある。グルメの秋もいいし芸術の秋もいいが、歳時記に「体育祭・運動会」があるように運動は欠かせない。しかしパラリンピックの選手の活躍を見、その努力を知ると、あっちが痛いこっちが痛いといってる自分が恥ずかしくなるという。掲句は二〇〇三年の作だが今なら何と詠むだろうか。やはり「さびしき人は手を挙げよ」に癒されているか、車椅子やブレート(カーボン義足)を駆使しながら個の強さ可能性を表現していることに感動するか。いざ生めやも!
 別に「体育祭終りの花火に庭染まる 横山房子」がある。

この続きをみるには

この続き: 632文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

俳句の遊歩道(`21/10)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/