倫理を揺さぶらないではおかない 「貧者の必殺兵器」AI搭載ロボット

倫理を揺さぶらないではおかない 「貧者の必殺兵器」AI搭載ロボット

自律型致死兵器システムが世界で初めて
実戦で使用された疑いが浮上

 ロボットが人間のコントロールを離れて「自分の判断」で敵を選別し、殺傷する。長くSFの世界に閉じ込められていたストーリーが現実世界に滑り込んできたようだ。

 6月下旬、明らかになった国連安全保障理事会専門家パネルの報告によると、北アフリカ、リビアの内戦で昨春、世界で初めて「自律型致死兵器システム」(LAWS)が実戦で使用された疑いが浮上した。

 トルコ製で、小型無人機にAI(人工知能)を搭載し、敵兵らを追尾、攻撃した。その戦果や兵器の詳細は機密とされている。

この続きをみるには

この続き: 2,166文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

倫理を揺さぶらないではおかない 「貧者の必殺兵器」AI搭載ロボット

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/