【産業】菅首相退陣で頭を抱える M&A仲介業界の意気消沈

【産業】菅首相退陣で頭を抱える M&A仲介業界の意気消沈

デービッド・アトキンソン論に乗る

 突然、菅義偉首相が自民党総裁選への不出馬を表明し、1年余りで政権の座を明け渡すことになったことに、とりわけ驚愕し、落ち着かないのがM&A(企業の合併・買収)仲介専門業者だ。首相は就任前から経済政策の目玉として中小企業のM&Aを推進すると明言していた。首相の経済ブレーンで、政府の成長戦略会議メンバーでもあるデービッド・アトキンソン小西美術工藝社社長が主張する「中小企業再編論」の影響を強く受けている。

 「国内産業の国際競争力が低下している最大の理由は、中小企業の生産性の低さにある。競争力を向上するには、再編して経営規模を拡大しなくてはならない」というものだ。

この続きをみるには

この続き: 1,146文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

【産業】菅首相退陣で頭を抱える M&A仲介業界の意気消沈

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/