「優しい人だから」では済まない背信の途中退場 歴史的政権交代の幕を引いた羽田孜の失敗

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

不信任案で総辞職に追い込まれたのは2人
万策尽きた吉田・決断を迫られた羽田

 9月27日に国葬となる安倍晋三元首相が在任中、祖父・岸信介元首相の「衆議院解散の逡巡」という「失敗の教訓」を意識していた話を前号で紹介したが、続けて首相の解散権をめぐる「失敗」を検証する。

 岸田文雄現首相は就任の10日後の2021年10月14日に衆議院を解散し、31日に総選挙を実施した。実際には、衆議院議員の任期満了が21日に迫っていて、首相として解散権行使の判断の余地がない「名ばかりの解散」による事実上の任期満了総選挙だった。

 衆院選は与党の勝利に終わる。8カ月後の22年7月10日の参院選も乗り切り、岸田は衆参選挙2連勝を果たした。その結果、次期参院選の25年夏まで自ら解散・総選挙を行わなければ、向こう3年が衆参無選挙となる「黄金の3年」を手中にした。

 戦後、「黄金の3年」の機会に遭遇した首相は岸田の前に6人いた。1977年の参院選後の福田赳夫、80年の鈴木善幸、86年の中曽根康弘、2010年の菅直人の4人は「3年」の途中で辞任となる。残りの2人は、01年と04年に2度、「黄金」と巡り合った小泉純一郎、13年の参院選の後の安倍だが、2度の小泉も安倍も、途中で解散・総選挙を仕掛け、進んで「黄金の3年」を打ち切った。

この続きをみるには

この続き: 5,009文字

安倍ロスに旧統一教会問題、岸田改造内閣の出足もパッとしません。コロナ感染者世界一にもなったのに、なぜか危機感は高まっていないように思えます…

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/