【官界】「経済安全保障の強化」を旗に予算争奪戦 どこまで精査しているのかと財務省は渋い顔

【官界】「経済安全保障の強化」を旗に予算争奪戦 どこまで精査しているのかと財務省は渋い顔

このままでは中国に命脈を握られる!

 菅義偉首相の不出馬表明で、乱戦模様となった自民党総裁選。誰が勝者になったとしても確実に主要政策と位置づけられそうなのが、「経済安全保障の強化」。霞が関の各省庁はここが予算獲得の正念場とばかりに、新政権へのアピールの準備を着々と進めている。

 背景には、米国や周辺国との摩擦を強める中国の存在がある。特に5G(次世代通信規格)などのハイテク分野での中国企業の台頭は著しく、この分野で覇権を握られた場合、経済面だけでなく、軍事面でも中国に遅れを取る懸念が西側諸国の間に強まっているのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,183文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

【官界】「経済安全保障の強化」を旗に予算争奪戦 どこまで精査しているのかと財務省は渋い顔

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/