思いつき、場当たり政策は当たり前 突貫工事「みどりの食料システム戦略」の波紋

思いつき、場当たり政策は当たり前 突貫工事「みどりの食料システム戦略」の波紋

現状も、現場もあまりに知らない
できないことを平然と言ってのける

 思い付き、場当たり政策で各分野に混乱の種をまき続けてきた菅政権が、農業分野でもやらかした。まるで突貫工事のような戦略が大きな波紋を広げているのが、5月に正式決定した「みどりの食料システム戦略」である。「農林水産分野でのCO2・化学農薬・化学肥料削減、有機農業の推進」と、謳い文句は立派だ。しかし、自民党政権が企業化・大規模化を旗印に進めてきた「過去・現在」の農政と、環境にやさしい「未来」を描いた「みど
りの戦略」との間には、「深くて広い谷」がある。

 何よりも新方針には、有機農業や農薬規制などで「後進国」と言われる現状認識と、実現可能性への十分な検討が欠如しているからだ。「実態とあまりにも乖離した絵空事」と、農業関係者からは、強い批判が高まっている。

この続きをみるには

この続き: 2,392文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

思いつき、場当たり政策は当たり前 突貫工事「みどりの食料システム戦略」の波紋

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/