これまではうまく行ったプーチン戦争対策だが、米国の本当の敵は中国になる
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

これまではうまく行ったプーチン戦争対策だが、米国の本当の敵は中国になる

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

相変わらずの失言癖も
プーチン戦争対策は高評価

 ロシアのウクライナ侵攻への対応は、ジョー・バイデンにとり大統領1期目の最大の正念場となった。失言癖のあるバイデンが今回も口を滑らせウラジーミル・プーチンは「権力の座に居座ることは許されない」と政権転覆が米国の対ロ政策の最終目的と解釈され、最も避けなければならない両国の軍事衝突さえ惹き起こしかねない発言をし、周囲がその火消しに大わらわになったことを除けば、バイデン政権の対応はこれまでのところ及第点といっていいだろう。前任のドナルド・トランプが「過去の遺物」と酷評して関係が冷え切っていたNATO(北大西洋条約機構)の欧州同盟諸国と、緊密な連携でウクライナの軍事支援を展開する一方、ロシア経済の生命線である原油・天然ガス輸出と、金融に対し厳しい制裁を科した。エコノミスト誌の「米国のウクライナ支援は大成功も、なお難局続く(For all America’s success in helping Ukraine, hard times lie ahead)」(3月26日号)は、米国の一連の
動きは「創意工夫と明敏さにあふれ、揺るぎない決意で」NATO諸国を牽引し、「プーチンを混乱に陥れた」と称賛した。

この続きをみるには

この続き: 4,950文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

いよいよ迫りつつある夏の参院選。しかし、野党の体たらくから自公政権は揺るぎそうもありません。そんな野党の今を追いました。エネルギー、食糧、…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/