【企業】世界遺産推薦で注目の佐渡汽船株まさかの上場廃止、株主から悲鳴

【企業】世界遺産推薦で注目の佐渡汽船株まさかの上場廃止、株主から悲鳴

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

少数株主から株式を強制的に取得

 「どさくさ」の語源は江戸時代に佐渡金山へ送り込む人夫を確保するための「博徒狩り」だったとする俗説がある。佐渡の音を反転させた隠語である「どさ」から、「佐渡送りにする違法博徒を捕縛する様子」を意味するという。そんな「どさくさ」紛れの騒動が、現代の株式市場で発生した。

この続きをみるには

この続き: 1,264文字

ロシアのたった1人の暴君によってウクライナだけではなく、世界経済も沈んでいきます。早い解決を望んでいます。4月号はプーチン戦争の影響を詰め…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/