月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
水面下で進む北とロシアとの連携 まさかの悪夢の同時侵攻シナリオ
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

水面下で進む北とロシアとの連携 まさかの悪夢の同時侵攻シナリオ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

核を持たざる国の悲劇と持てる国の強み
大願はロシアの北「核保有国承認」

 ロシアによるウクライナ侵攻以来、北朝鮮の動きがキナ臭い。まず、2017年11月以来、久々にICBMを2度発射したのに続き、SLBM(潜水艦発射型弾道ミサイル)の発射を断行。さらに7回目の核実験への準備の兆候が日米などの偵察衛星で確認されている。「北は核実験しても、少なくとも今の状況ではロシアからの反発や非難はなく、中国も遺憾の表明はあっても、実質的に制裁を課すことはないと読んでいる」と日米当局者らは見立てる。

 今回のウクライナを巡る一連の出来事に、金正恩委員長の関心はすこぶる高いようだ。

この続きをみるには

この続き: 2,209文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それ…

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/