月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
お騒がせ男のツイッターTOB ネットフリックスのケチケチ大作戦 ディズニー、スターバックスが陥った「僕って何?」

お騒がせ男のツイッターTOB ネットフリックスのケチケチ大作戦 ディズニー、スターバックスが陥った「僕って何?」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

本社をホームレスに開放せよ
トランプのアカウントも復活

 世界1の大金持ちは、世界1のお騒がせ男。イーロン・マスク。またやってくれた。今度はツイッターである。4月初め、マスクが株式9 %を取得した時、ツイッターは最初、懐柔策に出た。マスクを取締役として内部に取り込んでしまおう。マスクも一度はこれを了承するが、すぐに翻意。TOBを掛け、ツイッターを非公開にする意思を表明した。

 ならば、とツイッターは「毒薬」で対抗する方針を打ち出した。マスクが15%以上株を取得したら、第三者に大量に新株を発行し、マスクの持ち株を“希薄化”するのである。従業員もTOBに反対だった。マスクは「ツイッターの本社をホームレスに開放すればいい。だって、(コロナで)誰も出社していないんだろ」と言い放っていたのだから。

 もっとも、TOBには465億ドル(6兆円!)のカネが必要だ。世界一の大金持ちでも、そんな大金、おいそれと用意できるはずはない。この時点では世間の大半は、TOBが成功するとは思っていなかった。その証拠にマスクが1株54.2ドルで買い取ると言っているのに、株価は47ドル台に止まっていたからだ。

この続きをみるには

この続き: 5,204文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それ…

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/