マガジンのカバー画像

2021年5月号『ニューリーダー』

41
衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体どうなるのでしょう。東日本大震災から10… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

#政治・社会

固定された記事

2021年5月号『ニューリーダー』

🔻目次・追跡レポート 抜くに抜けない伝家の宝刀  チームなき独りぼっちのトップリーダー  …

チームなき独りぼっちのトップリーダー コロナで次々に狂う皮算用、菅首相はもつのか

狭まる解散戦略の選択肢 回避したい「解散を打てぬ首相」の“汚名” 衆院議員の残り任期が半…

200

【政治】薬が効いて、元気溌剌の安倍前首相 まさか3度目の首相を目指すのか

「次の首相にふさわしい人」では第4位 一向に収まる気配を見せない新型コロナウイルスへの対…

200

【官界】いっそのこと、電通省を創ったらどうか? 「電通依存」が招くエリートたちの…

プレゼンにたいした疑問も持たずに数百万円 総務省や農林水産省の高額接待問題など、官僚のス…

200

増える米国産牛肉に緊急輸入制限発動 だが、米国は諦めない。国内基盤をどう守る

スーパーなどでは輸入牛肉の売り場が拡大 「未来に希望が持てない」国内生産者 輸入が増加の…

200

「主権国民国家」とは何か 初心に戻らなければグローバル化の傷は癒えない

「シビックとエスニック」エレメント イタリアのルネサンス期の政治思想家マキャヴェリは「世…

200

経過を分析、徹底的に探究、法則を抽出する それが頭にない指導的エリート層への失望

コロナ禍に広がる不信や不安と重なり合う 山田風太郎の「戦中派不戦日記」 日本人は「なぜか」という疑問を起こすことがまれである――。敗戦の翌日、1945年8月16日の日記に当時23歳の医学生はこう書いた。ましてや「『なぜこうなったのか?』というその経過を分析し、徹底的に探究し、そこから一法則を抽出することなど全然思いつかない。考えて出来ないのではなく、全然そういう考え方に頭脳を向けないのである。一口にいえば、浅薄なのである。上すべりなのである。いい加減なのである」と悲憤と失望の

有料
200

公明党の方針転換で住民投票実施へ 「民意に強い維新」も崩せなかった反対の壁 都構想…

区割り案をめぐって他党と対立 公明党の背反で出直し市長選実施を決断 2014年9月、維新の党が…

200

地方分権VS中央集権 国と地方の「モヤモヤした関係」

代議士は知事よりエライ? 日本は中央集権国家 五輪の聖火リレーを巡って、地方としての立場…

200