マガジンのカバー画像

2021年6月号『ニューリーダー』

41
本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日本大震災から10年、福島の復興はこれから… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

#2021年6月号

2021年6月号『ニューリーダー』

🔻目次・追跡レポート 政治に弄ばれる五輪  中止を恥じることはない。日本の実力の反映  私…

中止を恥じることはない。日本の実力の反映 私権制限が嫌なら命を守るためにも断念を

🔻開催ありきの五輪   乖離する国民との意識  これほどまでに開催国の市民に祝福されないス…

200

未来の姿を追うフクシマ 五輪よりなによりも本当の復興あればこそ

🔸消えた「思い出の品展示場」  復興の過程で、町の風景も変わってきた。最悪の原子力災害を…

200

輸出は自動車関連が牽引 抑制と反動繰り返す消費、ワクチンが鍵

 新型コロナウイルスの変異型の急拡大から、全国的に感染者が急増、4月25日には3回目の緊急事…

200

金融依存は相変わらず、未完の「農協改革」 農業の激変に追いつていないのが現実だ

🔻農協改革と現時点の評価   長い改革前史、特権的立場への疑問  2015年、第2次安倍政権下、…

200

原発汚染水海洋放出決定、存亡の危機「福島」 一体、政府は「食」をどこまで毀損する…

🔹「カーボンニュートラル」を口実に   本格的な原発再稼働へひた走る菅政権  新型コロナウ…

200

【政治】男を下げる岸田文雄・自民党前政調会長 ポスト菅に名乗りを挙げられるのか?

🔻ああ広島、ここで負けちゃ、男が廃る  来る衆院選の前哨戦と称された4月の衆院北海道2区と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙で、自民党は不戦敗を含め全敗を喫した。選挙の要因となった政治とカネの問題、後手を踏むコロナ対応などに対する厳しい審判が下り、菅義偉首相に大きな痛手となったが、それと同じくらい、いやそれ以上に男を下げたのは、「ポスト菅」を狙う岸田文雄・自民党前政調会長だ。

有料
200

【官界】念願の組織体制成った「デジタル庁」 霞が関特有の文化を打破できるのか

🔹組織体制は理想的の声も  菅義偉首相の肝煎り政策であるデジタル改革関連法が5月12日、参院…

200

【産業】長引くコロナ禍で 「日の丸ワクチン」にもチャンスが

🔹どんどん引き延ばされる接種計画で…  新型コロナウイルス感染症ワクチンの開発で完全に後…

200

【企業】ダイムラーと「縁切り」したルノー 次は日産との関係解消か?

🔹カネがないルノー、「大株主」仏政府の悲鳴  5月に明らかになった、日産自動車と独ダイムラ…

200

【財界】小粒化する経団連会長と言われようと… それでも深刻なトヨタの経団連離れ

🔹そりゃ、誰もやりたくはないだろう  「中西宏明会長(日立製作所会長)が退任し、後任に十…

200

大構想もケチばかりがつく CEOの性格なのか、懐疑渦巻く楽天

🔻日本郵政との提携は吉凶どちらに転ぶか   日米両政府は楽天を監視対象企業に指定  連結従…

200

定年後の起業から生まれた 最適塗布乾燥システム開発ベンチャー ─Shimada Appli (シ…

🔸すべては赤提灯で始まった   少量吐出のスプレーガンで注目  高齢化社会の日本では、企業…

200

少子化を嘆いても仕方ない、「聞こえる?」 日本を元気にするには老人が鍵を握ってる

🔸技術者や科学者を羨んでも仕方ない     身近な所にシニア起業の種が落ちている  「子供も少なくなったし、俺たち老人が頑張らなきゃ、日本社会は元気にならないのかな?技術者や科学者っていいよな、退職しても蓄積したノウハウを社会に役立てることもできる。俺には何もない。理工系のジジ、ババが立ち上げた、面白い会社はないか?」。本誌編集長の問いに「あります」と即答したのが、編集長の故郷の神奈川県小田原市にあるシンスター・ジャパン。6人のシニア研究者が「抗マラリア薬」の研究を続けている

有料
200